Now Loading...
PRIVACY POLICY

個人情報保護方針

個人情報取得・利用・提供規程

1. 目的
この規定は、「個人情報取得・利用・提供」に関する当社の運用に関して定めるものとする。
2. 取扱個人情報の範囲
取扱う個人情報を以下に記す。
当社の役員、正社員、契約・出向・派遣・臨時社員の個人情報。
(2)パートナー会社要員個人情報
当社と基本契約を締結したパートナー会社から提供される技術者情報。
(3)営業関連個人情報
顧客・パートナーの名刺、顧客連絡先等の営業関連個人情報。
(4)顧客取扱い受託個人情報
当社が顧客との業務契約に基づき、顧客より委託された業務範囲で利用する顧客管理の個人情報。
(5)採用個人情報
当社の人材募集に応募した応募者の個人情報。
3.利用目的
(1)全社員個人情報
当社の業務(システム開発・保守・運用への人材提供等)及び社内事務・福利・厚生において利用する。
(2)パートナー会社要員個人情報
当社の業務(システム開発・保守・運用への人材提供等)において利用する。
(3)営業関連個人情報
顧客・パートナーへの連絡事務において利用する。
(4)顧客取扱い受託個人情報
業務契約期間中、業務に必要な範囲においてのみ利用する。
具体的な利用方法については顧客との別途取り決めに従う。
(5)採用個人情報
当社の採用事務のみにおいて利用する。採用可否確定後、不採用者分は本人承諾の上、廃棄(裁断)処分とする。
4.取得方法
各個人情報毎の取得を下記の通りに行う。
(1)全社員個人情報
入社時に「個人情報収集についての通達(承諾書)」(様式№23)の内容を承諾し署名の上、提出した正社員及び雇用契約時に「個人情報の取扱について(承諾書)」(様式№17)の内容を承諾し署名の上、提出した契約出向・派遣・臨時社員について本人より直接、書面にて取得する。
(2)パートナー会社要員個人情報
パートナー会社に対し、要員情報の提供前(基本契約時等)「個人情報保護に関するお願い」(様式№19)を送付し(承諾後、返信)、パートナー会社側で、各要員に対し当社が行う個人情報収集についての利用目的を公表の上、承諾した要員の個人情報を会社経由で取得する。
(3)営業関連個人情報
営業活動中に顧客・パートナーより直接取得する。(名刺情報)
※尚、名刺記載以外の情報(例:連絡先個人携帯番号)の取得は行わない。
(4)顧客取扱い受託個人情報
顧客との業務契約書に従い、顧客より取得する。
具体的な利用方法については顧客との別途取り決めに従う。
(5)採用個人情報
採用面接・試験時に「個人情報の収集について」(様式№32)を説明し、内容の承諾(提出)後、本人より直接取得する。
(6)採用応募個人情報
当社ホームページからの入力画面にて「当社の採用における個人情報の取り扱いについて」を承諾し、同意確認のチェックボックスをチェックした上で取得する。
5.特定の機微な個人情報の取扱い
次に示す内容を含む個人情報の取得、利用または提供は行わないが、下記に記す理由以外で本人同意の元、保険医療情報を取得する場合がある。
(1)思想、信条または宗教に関する事項
(2)人種、民族、門地、本籍地(所在都道府県に関する情報を除く)、身体・精神障害、犯罪歴、その他社会的差別の原因となる事項
(3)勤労者の団結権、団体交渉その他団体行動の行為に関する事項
(4)集団示威行為への参加、請願権の行使その他の政治的権利の行使に関する事項
(5)保健医療または性生活
ただし、次に示す事項の場合はその限りでない。
a)法令に基づく場合
b)人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
c)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(4)集団示威行為への参加、請願権の行使その他の政治的権利の行使に関する事項
(5)保健医療または性生活
ただし、次に示す事項の場合はその限りでない。
a)法令に基づく場合
b)人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
c)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
d)国の機関若しくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
e)明示的な本人の同意がある場合
その具体例を以下に記す。
(1)会社指定・定期健康診断結果(産業医からの取得)
(2)病気・怪我等での退職、長期休暇(休職)の申出時
(3)入社時提出指定資料としての健康診断情報の提出時
(4)その他会社からの要請
何れの場合も、社内での事務・福利・厚生での利用であり、それ以外の目的で利用しない。
6.目的外利用の取扱い
取得した個人情報は、原則として本規程第3項に記す利用目的以外には利用しないが、社会的に見て適法かつ公正な理由において、目的外利用を行う場合は「個人情報の取得目的範囲外の利用について」(様式№30)に利用目的、提供の有無、その他必要事項を記載の上、本人に提示し、承諾を得た上で取扱いを行う。
7.本人へのアクセス
取得した個人情報を元に本人にアクセスするケースは取得時に本規程第4項(1)(5)に則って取得した情報に限定する。
なお、上記以外で取得した情報で本人にアクセスする必要が発生した場合は、事前にその詳細を明記した書面を作成し、管理責任者に承認を得た上で実施する。
8.第三者への提供・委託
各個人情報毎の提供・委託を下記の通りに行う。
(1)全社員個人情報
第4項に記した各承諾書において承諾された提供先・提供項目の範囲内で個人情報保護管理責任者の承認の元、提供・委託を行う。
委託を行う場合の手順については「個人情報適正管理規則」第5項に記載する。
(2)パートナー会社要員個人情報
第4項に記した「個人情報保護に関するお願い」において承諾された提供先・提供項目の範囲内で個人情報保護管理責任者承認の元、提供を行う。
(3)営業関連個人情報
第三者への提供・委託は行わない。
(4)顧客取扱い受託個人情報
顧客との業務契約書に従い、個人情報保護管理責任者承認の元、第三者へ再委託を行う場合がある。
委託を行う場合は、委託先が管理されていること。
具体的な委託内容・方法については顧客との別途取り決めに従う。
(5)採用個人情報
第三者への提供・委託は行わない。
なお、当社においては下記のa)b)c)に該当する提供・委託は取り扱わない。
a)大量の個人情報を広く一般に提供するため、本人の同意を得ることが困難な場合であって、次に示す事項をあらかじめ本人に通知し、またはそれに代わる同等の措置を講じているとき
・第三者への提供を利用目的とすること
・第三者に提供される個人情報の項目
・第三者への提供の手段または方法
・本人の求めに応じて、当該本人が識別される個人情報の第三者への提供を停止すること
・取得方法
b)法人その他の団体の役員および株主に関する情報であって、かつ、法令に基づきまたは本人若しくは当該法人その他の団体自らによって公開または公表された情報を提供する場合であって、a)で示す事項をあらかじめ本人に通知し、または本人が容易に知り得る状態に置いているとき
c)個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、次に示す事項を、あらかじめ本人に通知し、または本人が容易に知り得る状態に置いているとき
・共同して利用すること
・共同して利用される個人情報の項目
・共同して利用すること者の範囲
・共同して利用すること者の利用目的
・共同して利用する個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称
・取得方法
9.記録
・情報資産目録